ドライオーガズムを成功させるための基本は間違った事をしない事です。できない人は間違った事をしています。

↓↓↓人気TOPIX↓↓↓
強制ドライオーガズム法とULT究極のドライオーガズムはどっちを買うべきか?

初めてオナニーを覚えたのは中学生の時でした。

この頃はペニスをしごくことで射精するのが非常に新鮮で、体力もあったので一日に5回以上は達していたと思います。

現在も同じような感じでオナニーはしますが、一日一回が限度になりました。

男性は私のように射精によって快感を得ることができます。

しかし、射精するたびに体力も消耗し、なんとなく気持ちも落ちこんで、達成感より疲労感が強くなるのです。

その気持ちをどうにかプラスに変換できないかと思い、ネットでアダルト関連のサイトを探っていると、ドライオーガズムについて説明したサイトを見つけることができました。

このサイトによると、これは射精を伴わない絶頂感を味わうことで、男性の場合のみこう呼びます。

アダルトビデオでよく女性が体をがくんがくんと揺らせ、大きな声を出して絶頂を迎えるシーンがあります。

男性がこの状態になり、射精を行わないで絶頂に達することをドライオーガズムと呼ぶわけです。

男は普通のオナニーとドライオーガズムを同等に考えて、チンコ触ってたらそのうち射精するという感覚でドライをしてしまいがちである

エネマグラをアナルに入れたらそのうちドライオーガズムになるんだろ?といった具合である

当然正しい方法を知らないのでドライできるわけがない、そして路頭に迷ってネットの掲示板などで間違った知識をえてドブ沼にはまってしまい一生できなくなる。

その様は、まるで、生き迷った時に悪徳宗教にはまり、説得不可能になった信者のようである。

「正しい方法」を解説している商材はいくつかあるが基本的に有料なため、すべて無料で済まそう、無料で利益を得ようという乞食のような考え方ではネットの無料で公開されている間違った方法を見るしかなく、そのような人間は一生ドライオーガズムできないのである。

つまり、自分の状況を変えなければならないのに、変えようとすらしない、また壁をぶち壊せるような大胆な発想、行動力がない人間はどこに行ったて、何をしたって成功できないという世の中の法則通りです。

ただしい方法を実行すればだれでもドライオーガズムができるのです。

体感的には

あああああああああああああああああああああああんほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

んほぉぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
ぬりゅぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおぉx!!

マジキt…キ…ギ…ぎもぢぃいいいいいぃぃぃぃぃ

んほおおおぉぉぉぉぉぉぉぉおぎもぢぃいぃぃぃぃぃ

って感じです。

単純に射精をしないで絶頂といいましたが、これは口で言うほど簡単なことではありません。

男性の場合はペニスをしごいて射精することで瞬間的に絶頂を感じることができます。

しかし、それは快楽の中でも一瞬の物で、持続性はありません。

男性が射精を伴わずに快感を得るには、前立腺刺激による深い部分での絶頂が必要不可欠です。

この方法はアナルセックスと共通する部分があり、アヌスから指あるいは特別な器具を入れ、前立腺を直に刺激してやるのです。

こうすることでかなり強い刺激を得ることができ、誰もが簡単に達することができます。

私自身知識として知ってはいましたが、自分で体感するまでドライオーガズムに実感がわきませんでした。

それを知ったのは性感エステに行った時で、ここでプロと呼ばれる風俗嬢にアヌスから指を入れてもらい、直接前立腺を刺激してもらったのがきっかけです。

この時私は自分が何を言っていたかも覚えていませんが、風俗嬢の話によると突然びくんと体をのけぞらせ、「あおおっ」とか大きな声を出して倒れ、しばらく痙攣したまま動かなかったと聞きました。

もちろん私にこの時の記憶はありません。

全身をなんともいえない快感が貫いたのはよく覚えており、それがアヌスの快楽による物だと気づいたのはしばらくしてからでした。

将来を考えると単純に射精によってのみ快楽を得るのでは物足りません。

むしろ、ドライオーガズムを積極的に研究し、自分の性感帯を開発していくほうが、体力が衰えていく過程においては好ましいのです。

これから若い人たちと体力の差はいかんともしがたい物が出てきますが、この絶頂の感じ方ならば体力の消耗はほぼありません。

そのため、高齢のカップルでも長時間のプレイが可能になるわけです。

私もそれを知ってからは妻と一緒に射精を伴わないセックスを心がけるようになりました。

それは、私たちのセックスライフに新たな一ページを加えることになったのです。

現在ではネット掲示板等でドライの情報が簡単に見ることができるようになりました(間違ったものが大半ですが)では、次にネットの情報について見ていきましょう。

掲示板から見るドライオーガズム達成で得たものとは

ドライオーガズム達成者が、掲示板にその達成方法や、そこで得た快感を語る人が多いですけど、不思議だと思いませんか。

しかも、他の掲示板では、それほど多弁な書き込みはないのに、抜きん出てその文字数が多いのです。

これは達成感から自慢をしたいのもあるのかもしれません。

ですが、オーガズムに達成すると心が清々しくなり、エネルギッシュになるため、要求されてなくても雄弁に語ってしまうのです。

ドライオーガズム3

ドライによって得られるのはその時の快感だけではなく、心にも体調にも変化が現れます。

朝起きると、会社に行きたくないって経験はないですか。

でも、生活のためにいかなけれならず、重い体を引きずるように起き上がり、出かけるのです。

体自体はすっかり疲れが取れている筈なのに、気持ちが前向きになれず、仕事に出かけられないのです。

こんな時に、ドライをすると効果的に働くかもしれません。

少しの眠気や精神的な疲れは解消され、エネルギッシュになるという書き込みが良くみられます。

これは、ドライをする時にリラックスになる必要があり、その上、オーガズムに達すると快感物質が溢れ出し、心身共に癒されるためです。

快感物質として名が挙がっているのは、ドーパミンとβ-エンドルフィンです。

心身に対し強力に働きかけます。

特にβ-エンドルフィンは強力で、医師は癌患者に笑うように勧めますが、これを体内で生成させるためなのです。

 

抗癌剤よりも効く、抗癌作用があると言われているからです。

それと同時に強い免疫作用、抗ストレス作用があり、忙しい現代には欠かせないものと言えるでしょう。

それが、ドライで大量に生成されると言われています。

また夜にすると精神を安定させ、リラックス効果を得られるでしょう。

元々ドライに入る際にはリラックスをしますが、気持ちが静まり、更にリラックスするのです。

これは本人が意識してなくても、瞑想状態に入るためで、この時α波が現れリラックスします。

ちなみに更に深くなると、γ波が現れ、落ち着いた状態でありながら非常に鋭敏な感覚となるでしょう。

また、β-エンドルフィンが出現するため、抗ストレス作用と多幸感が得られるのです。

これらの作用によって、よく眠れます。

掲示板ではぐっすりと眠れると簡単に表現されていますが、実は心身ともに多方面からそれを促しているのです。

そして、気持ちの変化が最も大きいでしょう。

掲示板の書き込みを見るとそれを感じざるを得ません。

とても文章が中性的で柔らかくなり、男の荒々しさは影を潜めています。

「~するよね」「感謝の気持ちでいっぱいです」「~下さいね」

これは男性達成者の書き込みで、本人も女性的な要素を得た旨を発言しています。

ただ女性性を得ただけがそのメリットではありません。

それによって視野が大きく広がるのです。

男性目線で見た世の中よりも、両方の性から見た世界の方がより、広く見えるのは確かでしょう。

そのためネガティブな感情に支配されることはなく、心穏やかで、健やかに、伸び伸びと日常を送れるようになります。

ストレス社会の荒波に翻弄されながら、苦痛に耐えて生活するよりも、ドライオーガズムでストレス社会を上手に乗り切り心身ともに健やかな生活を送ったほうがずっといいのではないでしょうか。

では、ドライの具体的な快感とはどのようなものなのでしょうか?少し掘り下げて確認指定kタイと思います。

ドライオーガズムで心地よい快感

射精を伴わずに絶頂を迎えるドライオーガズムで快感を味わうことはさまざまな世代の男性でおこなわれています。

基本概念としては体のつくりが完成する以前の思春期を迎える前の男児に起こることが多い現象です。

体が未発達の状態なので精通がなく、精液の分泌が行われないため射精をしないで性欲における絶頂をむかえることになります。

一般的に体が未発達の状態で行われるのは不思議ではありません。

しかし大人になって続くと性機能障害で起こるドライオーガズムがでてきます。

一般的な性行為のあとに射精が起こらずに、絶頂をむかえてしまうと何かしらの性機能障害の疑いがでてきます。

糖尿病や前立腺癌、前立腺肥大症、手術の後遺症や薬の副作用、射精神経の異常、交感神経の異常などさまざまな問題の可能性がうまれてきます。

パートナーとの充実したコミュニケーションをとるためにも解決する必要があります。

手術をすることで解決につながります。

不安をおぼえた場合には一度相談してみることも大切です。

しかし健常男性のものあります。

多くの男性は性的な満足感をえるときは自分でペニスを刺激して性的快感をえられる方は多いです。

ドライオーガズム66

自らペニスを刺激して快感をえることで日々のうっぷんを晴らす効果もあります。

自らペニスを刺激する経験をつんでいると女性との性行為の際に射精をして満足感をえるという慣習がいきわたっています。

健常な性的刺激を受けて絶頂をむかえます。

ペニスの前立腺刺激などによって、健常男性が射精を伴わないドライオーガズムに達することができます。

これをかんじるときは多くの男性は体が痙攣するようになり、とても気持ち良い快感をえるといわれています。

ご自分で刺激してかんじることもできますがアダルトグッズなどでもそうしたことができるものもたくさんあります。

気分をさらによくするためにハーブやアロマなどをつかって快感をえている男性も多いです。

ハーブやアロマは男性も女性も関係なく、快感を得ることができ、脳にも効果的なので男女の性行為の際にもぜひつかってみることもおすすめです。

体だけではなく、精神的にもリラックスすることができるのでとても良いと思われます。

快感の時間をさらに盛り上げることができ、多くの男性に支持されています。

非常に効果的なものも多く、射精を伴わず感じることができる快感は片付ける手間もないためとても良い快感の感じ方でもあります。

射精がともなう場合ではどうしても後片付けの面倒さやティッシュを近くに用意しなければならない、といったこともあります。

面倒事がいっさいなストレス解消方法であり、快感を味わう方法でもあります。

男性にとってはある意味ではとても自分にあった性欲を満たす方法のひとつでもあります。

前立腺の機能にかんして大きく関係してきます。

ドライオーガズムは誰でもあじわえる快感であり、筋肉収縮等にも注目してみるとよりよい快感をきっと得ることができると思われます。

つまり、女性のようなオーガズムという感じですね。では男が、女性の様に何度でもイクというのはどういうことなのか具体的に見ていきましょう。

女性のように何度でも

女性のように何度でも快感を味わえたらよいな、と思ったことがありませんか?

女性は何度も快感を味わっているのに、男性のほうは1回だけ、しかも女性よりも小さな快感です。

もっともっと強い快感を味わうためには、ドライオーガズムがよいと思います。

はじめて聞く人もいるかもしれません。

簡単に言えば射精のない快感を何度も味わえ、しかもそれが射精をするときよりも気持ちがよい、という仕組みなのですが、ネットで検索してみるといろいろと自分で試している男性も多いのがわかります。

グッズを使用したり、グッズは使用せずひたすら自分でがんばってみたり、体験談を赤裸々に語ったり、おススメのやり方を紹介したり、色々なサイトがあるのでぜひチェックしてみてください。

ドライオーガズム090

きっとあなたにあったサイトが見つかるでしょう。

現在ドライオーガズムを試しているけれどなかなかうまくいかないという人も、サイトをチェックしてみてはどうでしょうか?

挑戦する時のポイントなどもたくさんあって、参考にしてみると成功しやすいかもしれません。

自分も色々と調べてみましたが、部屋を真っ暗にして静かな空間を作り、リラックスして行っている人が多いようでした。

またおススメは楽な体勢で行う、ということです。

初めてすぐにドライオーガズムを経験できるわけではありません。

結構時間がかかってくると思うので、無理な体勢で行うと体を痛めてしまったり、集中できない可能性も高いので注意してください。

ゆっくりと横になれる場所、そして清潔な場所で行いましょう。

全裸で行う人が多いと思うので、清潔な場所で行ったほうがよいと思います。

自分で肛門を刺激していくなんて正直恥ずかしいと思いますが、慣れてくるととても気持ちよく感じ、癖になる人も多いようです。

そしてよりドライオーガズムの成功率を上げるために、マッサージをしておくとよいそうです。

自分でできる性感マッサージで気持ちや体を高めておくと、初めて挑戦するときも痛みを感じることも少なくなるでしょう。

しっかりと準備した上で行えば、スムーズに快感を手に入れることができるはずです。

手に入れるまではきっと焦ってしまう人も多いと思いますが、落ち着いて挑戦できるように自分のリラックス方法をしっかりと見つけておいてください。
焦ってしまったら一度落ち着いて、そして再度挑戦してみるとよいでしょう。

何度も何度も女性のように快感を味わえることができる、なんて聞いたらきっとすぐにその快感を味わってみたいと思う人が多いと思います。

その味わってみたい、という期待があせりを生むのです。

焦ってもよいことはありません。

実践した自分が言うのですから間違いありません。

下準備としてドライオーガズムの仕組みなどもしっかりと調べ理解し、どのような感覚になるのか、その後はどうなるのか、確認してやってみたいと思えば挑戦してみてください。

自分の体のこともしっかりと考え理解してあげると、気持ちよさをより実感できるようになると思いました。

現在ではドライオーガズムもかなりメジャーになりました。その人気の理由とは具体的に何なのでしょうか?

ドライオーガズムが人気な理由とは

セックスの最中に普段と違う違和感を抱いたことはないでしょうか。

私は妻とセックスしている時、射精していないにも関わらず絶頂感を覚え、それが数分続いて下半身全体が一時的に虚脱状態になったことがあります。

この時私は「おあっ」と大きな声を出し、しばらく体を波打たせるような感じでびくんびくんと痙攣し、ちょっとの間記憶が飛んでいました。

今から考えるとこれがドライオーガズムを感じた最初の経験だったのでしょう。

以来私の体は絶頂を迎えやすくなり、平たく言うと「開発された」状態になったわけです。

この時どうしてこんな状態になったのかは、あまりに原因がありすぎてわかりませんが、一つには妻が指を私のアナルに入れ、刺激していたことがあります。

前立腺の刺激がこういう状態をもたらすのは有名な話です。

巷では男性に関してのみ言われるドライオーガズムが人気です。

ドライに成功すれば、女の騎乗位時のグラインドの様に自分腰が動く

僕の場合は、あぁ キタキタキター

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

で脳みその中が

キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!!

んほおおおぉぉぉぉぉぉぉぉおぎもぢぃいぃぃぃぃぃ

これは、射精を伴う快感より、はるかに大きな快感を得ることができ、しかも体力の消耗がほぼありません。

そのため、セックスやオナニーで、この形で達しても、消耗すること自体が少ないので、かなり長い時間であってもプレイし続けることができるわけです。

前立腺刺激のコツはアダルト関連のサイトでも説明されていますが、特殊な手袋を手にはめて、指をアナルに入れることからスタートします。

アナルは腸液があるのですべりは悪くないですが、それでも狭かったり抵抗感がある場合はローションなどを使いましょう。

指をある程度入れたら前立腺のあるスポットを優しく丹念に刺激します。

そうしているうちに体の奥底から快感がわきあがり、下半身全体を覆うようになって、絶頂に導かれるのです。

オナニーの場合は体が柔らかくないとアナルに指を入れて刺激し続けるのは難しく、それだけで体力を使ってしまいます。

そのため、専用の器具を使うのが一般的です。
男性にとって、ドライオーガズムを感じられることは世界を変えるようなイメージがあります。

それは、射精による快感が唯一にして最大の喜びだった状態から、一皮むけた感じになるからです。

これは、人間として進化したといっても過言ではないでしょう。

誰もが手軽に射精をせずに絶頂を迎えられるようになったのは喜ばしいことで、その手軽さが全体に浸透しています。

多くの人たちが自分なりの絶頂への達し方を研究している現在、この形でイクのは至上の快感と呼んでいいでしょう。

最近の性風俗のお店でも、ドライオーガズムを売りにしている所があります。

性感エステと呼ばれるお店がそれで、普通のソープランドやヘルスと異なり、専門の技術を持った風俗嬢がお店から指導を受けています。

ここではお客が射精を伴わずに何度もイクことができ、風俗嬢もそれに慣れているので、安心して達することができ、自分は何もせず、いわゆるマグロの状態でも十分に気持ちいいようです。

友人がよくこういうお店に行き、世界が開けたと言っていますので、その技術力の高さがうかがえます。

つまり、現代社会、ストレス社会で生きる僕たち男にもたらされた、オナニーの進化形は、僕たち社会人にとってストレスに対抗する手段であり、ストレス解消のための高等テクニックと言えるでしょう。

そしてただしい方法を知っていれば、知識をしっかり持っつという条件がそろえば、簡単にできるのです。

1人でも多くの人がドライを成功させることを祈りながらこのページを示させていただきたいと思います。