興味を持って調べたドライオーガズムのこと

男性でも女性と同じような快感を得ることができると知り、ネットのアダルトサイトなどでいろいろと調べてみました。
その結果、ドライオーガズムに達することで、射精を伴わずに女性のように体全体を震わせるような快感を得ることができるとの結論に至ったわけです。
こうした快感を得る方法はアナルセックスに通じる物があり、実に多くの男性が挑戦しています。
私も前からアナルの快感は病みつきになるぞと友人から聞いて知っていたので、いろいろなことを聞き、自分なりに情報を整理していました。
自分がいかに快感を得ることに貪欲だったかは、その後前立腺を直に刺激し、何度も絶頂を迎えるに至ってはっきりしています。
女性のセックスによる快感は男性よりも強く、長く余韻が続くと物の本に書いてあったので、それ以来いろいろ調べる習慣がついていました。
もちろん妻とのセックスも研究に研究を重ね、互いがもっともいい状態で気持ちよくなれる体位、方法、器具などを研究し、技術力の向上に努めています。
ドライオーガズムをセックスの中で感じることができるようになったのは、妻が私のアナルのツボがわかり、双方同時に快感を得ることが可能になったのが大きいです。
これにいたるまでは涙ぐましい努力も重ねてきましたので、そういう点ではかなりいい状態が作れたのではないかと常日頃から思っています。
射精せずにイクことができるようになり、私も妻とのセックス時間が飛躍的に長くなってうれしいです。
もともと女性が受けていた快感を男性が受けることは、ある意味特殊な感じがします。
調べてみるとアナルセックスにはまる男性のほとんどがドライオーガズムを体感しており、そのすごさを体で知っていたわけです。
彼らはある意味アブノーマルな存在として歴史であまり日が当たりませんでしたが、これだけの快感が得られるならはまるのも当然でしょう。
特に良い条件が得られるのは器具を使った時でして、この前妻とのセックス中に達し、思わず「ひっひい」とか声にならない声が出てしまいました。
その後、しばらく痙攣して動けなくなり、女性がよくアダルトビデオでなるような放心状態に陥ったのです。
これは、男性として生まれてある意味幸せの絶頂にいると考えてもいいでしょう。
現に今、世界中でドライオーガズムを極めたいとする人が増えており、彼らが一丸となって、自分たちの感じた気持ちよさを書物やネット上で伝えていこうとする動きがあります。
もちろんこうした快感は人それぞれに違った受け止め方がなされる物であり、とまどいを覚える人もいるでしょう。
しかし、前立腺刺激から始まって、性感帯を開発することで持続可能な快感を得ることができ、しかも射精による体力の低下もないとくれば、これはマスターせずにはいられません。
人によっては全身が性感帯のようになる人もいるらしいですから、開発次第でかなりいい状態を作り、セックスそのものが楽しくなること請け合いです。