いつでもドライオーガズムを感じられるようにするには

ものすごい快感が全身を震わせるほど、男性のドライオーガズムはすごい物があります。
体感した私が言うのですからこれは間違いありません。
私はもともとオーソドックスなノーマルセックスが好きなただのサラリーマンでしたが、風俗に通っている友人に話を聞き、ちょっとだけアナルに指を入れ、前立腺を刺激してみたのです。
効果はてきめんで、私自身天国に上るような気持ちで「おおっおおっ」と何回も吼えてしまいました。
ちょうどアナルセックスに興味がわいていた頃でしたので、男が射精以外でこれほどの快楽が得られるとは知らず、新しい世界をのぞいてしまった気分でいっぱいになったのです。
男性がこの快感を得るにはアナルに指または特殊な器具を入れ、一定の刺激を前立腺に与えてやれば問題ないです。
私は最初は怖かったので指を一本入れてこわごわ刺激していましたが、今は慣れたので二本入れています。
前立腺の刺激方法がわかってからは妻も面白くなったようで、セックスのたびにどちらが先にドライオーガズムに達するかを競っているのです。
これだと何度果てても体力的な消耗がそれほどないので、射精してぐったりするあの感覚を味わわなくて済みます。
若い頃からこうした物に興味だけはありましたけど、どことなく怖い物がありましたし、アブノーマルは避けてきたので、ここに来て改めて新しい快楽を知った感じがしました。
妻とのセックスはお互いにどろどろになるまで果て、かなりエキサイトしています。
若い人たちがいつでもドライオーガズムを感じられるように、性感帯の開発に余念がないと聞きました。
彼らは毎日のようにセックスしては互いの相性を計るような所がありますので、そういう点からしたら非常にアグレッシブです。
私は彼らほど積極的ではないですが、自分が快感を覚える場所を探し、そこを刺激することで前立腺刺激と同じ感覚を味わえるように研究しています。
今の所私が感じるのは亀頭と玉袋でして、玉は特に妻に舐めてもらった時にはかなり感じました。
自分でこうした性感帯を開発し、可能性を探していくのは大変面白い物で、そこから新たな世界が開けるのは本当です。
もっともっと自分の中に眠る感覚を開発していきたい衝動に駆られるのも、決して不自然ではありません。
男として生まれ、アナルの快楽に目覚めるのはかなり異端かと思いましたが、ネットで調べたらこれもノーマルになりつつあるとわかりました。
実際にドライオーガズムを感じた時はびくんびくんと痙攣するかのような快感が全身を襲い、かなりびっくりしましたが、こういう感覚が味わえるのだと知り、新鮮な気分です。
ある意味人間の体は神秘的な物で、私たちはまだまだ開発しきっていない部分があるのかもしれません。
今後も妻とのセックスにおいてさらなる可能性を追求していこうと思っています。
いつでもこの快感を味わわれるようになるにはまだまだ修行が必要で、ポイントを知ることから始めなくてはなりません。