お金をかけずに快感が得られるドライオーガズム

どれだけお金をかけずにセックス並の快感が得られるかについて友人と議論していた所、友達からドライオーガズムのことを聞きました。
それまでオナニーとセックス以外で快感を得る方法を知らなかった私にとって、この感覚は非常に新しい物だったわけです。
名前からわかるように、これは射精を伴わないで絶頂を迎える物です。
男が絶頂を迎える時は、漫画などでも表現されるように、派手に精液を発射するイメージがあります。
この方法だとそれがないので、なんとなくよくわからない感じがしますが、実はそうではありません。
むしろこちらのほうが男性が受ける快感としては大きくなり、全身を波打たせるような感じで快楽を享受することができるのです。
知識として知ったからといって、誰もがドライオーガズムを感じることができるわけではありません。
性感帯は人それぞれ異なっていますし、特別感じやすい人もいれば、あまり感じない人もいるからです。
ただ、この快楽は男性の場合、前立腺を刺激することによって比較的得やすい物でもあります。
その方法はアナルから指を入れ、リズムをつけて刺激するだけです。
確かにこの方法ならお金もかかりませんし、オナニーとしてもアナルを利用した応用編と解釈できます。
オナニーにしてはかなり不思議な感覚になるでしょうが、この方法だと精液が出ずに絶頂を迎えることができるのです。
一度味わってみると病みつきになるこの感覚は、男性の場合未知の物になるでしょう。
前立腺を刺激するには特定の器具を使うのもいいそうです。
先日友人に聞いたら、ネットの通販でそれらしい物を売っているとうれしそうに話してくれました。
ドライオーガズムはいまやアブノーマルな存在ではなく、自分で肉体を開発し、条件をそろえて得る当たり前の快楽になったわけです。
私自身もこうした快感の享受には積極的でして、風俗のお姉ちゃん相手にハッスルする場合は必ずアナルの刺激を所望します。
知識として前立腺刺激のコツを知っている風俗嬢だと、きっちりと何度もイカせてくれるので、非常に素敵な気分になれるのです。
かつて知らなかった部分を開発していくのはなんだかゲームをクリアしていく感覚に似ていて、面白く感じます。
セックスにおいても私は自分が感じているドライオーガズムを女の子も感じているのだと思うとさらに燃える性質です。
私が女の子にクンニリングスや69で奉仕するのは、ただ自分の興味だけではなく、女の子にも私を絶頂に導いてほしいからに他なりません。
ただ、ありきたりの射精による絶頂では物足りなくなっており、今ではもっと自分の性感帯を開発する必要性を感じています。
ネットでもそうした知識を仕入れることができるサイトがいくつもあるので、それを参考にして自分なりの研究を重ねていきたいと常日頃から考えているのです。
こういう気持ちは意外と重要でして、私自身眠っていた感覚を研ぎ覚ませるために活用しています。