ドライオーガズムで評価できる部分といえば

世間一般から高い評価を受けている物は、どんな物でも興味がわきます。
最近普通のセックスやオナニーではなく、ドライオーガズムによる快感を得る方法がネットを中心にして広まりつつあるので、興味を持って見てみました。
どういう物か調べてびっくりしたのですが、それは射精を伴わない絶頂の迎え方だったのです。
男性が絶頂を迎えるのは射精と相場が決まっていました。
一定量の精液を放出したら、あとは果てるだけです。
この方法だと射精しないわけですから、長時間のセックスも可能ですし、オナニーでも何回でもイクことが可能となります。
もちろん無限にイクことなど不可能ですが、自分が求める限り、かなりの絶頂回数をこなすことができるわけです。
体力の消耗がほぼない点と、受ける快感の度合いが普通の射精の何倍もあるのが高い評価につながっているのがドライオーガズムの特徴です。
私としてもその理由を追求してみたかったのですが、とあるアダルトサイトに答えがありました。
男性の場合は前立腺を刺激することにより、この快感を得ることができます。
女性がセックスにより絶頂を迎える時は常にこの快感を得ているらしく、それは射精の何倍もの快感になるわけです。
私も興味を持ち、妻とのセックス中にアナルから指を入れてもらって試してみましたが、最初こそ違和感があったものの、前立腺を刺激されるにつれ、「おおうっ」と思わずのけぞるくらいの快感に襲われました。
この時はちょっと恥ずかしいくらいに痙攣してしまい、妻からはだいぶ心配された物です。
専用の器具も売っているらしく、これを使うと前立腺の刺激が簡単にできるようになります。
私の友人もこれを用いてアナルから前立腺を刺激し、簡単にドライオーガズムに達することができたと喜んでいました。
もちろんこれには個人差があり、簡単に絶頂に達することができる人もいれば、何度もトライしてみてようやく達する人もいるでしょう。
どんなタイプかはやってみないことにはわからないので、ぜひ一度やってみることをお勧めします。
慣れてくると、前立腺だけではなく、亀頭や69、わきの下を舐めるなどの行為で射精を伴わずにイクことも可能になるようです。
どんどん人体の秘密が明らかになっていく中で、その一つとしてのドライオーガズムは、長らく男性の間でタブーになっていたアナルセックスの秘密を知る鍵にもなっています。
特に今は多くの人がセックスについてどういう快感が得られるかを研究しており、じっくりとその中身を確かめることによって、充実した人生を過ごせているようです。
アブノーマルと最初から避けていましたが、私自身もアナルから始まって、今ではサオの部分を舐められるだけで射精を伴わずにぶるぶると震えるような快楽が得られるようになりました。
それは、体がこのような快楽に忠実に反応するようになったからでして、あらゆる面でそれは私の糧になっています。
セックスライフを豊かにするためには、こうした新しいチャレンジが必要です。