自分が選んだドライオーガズムのやり方

風俗嬢とプレイしていて、ふいに彼女がびくんびくんと体をのけぞらせ、大きな声を出したことがありました。
俗に言う「イク」状態だったわけですが、私は常日頃からどうして女性だけがこういう状態になるのか不思議でならなかったのです。
後日調べてみると、その理由がはっきりわかりました。
女性は常にセックスによって持続的な絶頂を感じることができ、男性の射精による絶頂とは比べ物にならないくらいの快感があるそうです。
調べてみたら男性も女性が「イク」のと同じ状態になる、射精を伴わない性的興奮の絶頂の状態がありました。
その名をドライオーガズムといい、男性の前立腺を直接刺激することです。
方法はいたってシンプルであり、アナルに指や器具を入れ、ここと思う部分を刺激します。
男性が射精を伴わずに快楽を得るには、ワンステップ必要なのは前述の通りです。
ただ、これも慣れてくるとセックス中に感じられたり、前戯の段階で達する場合もあると聞きました。
人によってドライオーガズムに達しやすいか否かは異なっているらしく、私は間違いなく達しやすい人間だったのです。
最初は妻に手伝ってもらって前立腺を刺激してみたのですけど、確かに不思議な感覚があり、「おわっ」と声が自然に漏れてから、全身が痙攣するような快感に襲われました。
射精しないので体力の消耗はほぼありませんでしたが、しばらくは放心状態で動くことができません。
女性はいつもこんな感覚だったのかと思いつつ、その快楽は病みつきになりました。
私が選んだドライオーガズムの感じ方は、とにかく前立腺を刺激していくことです。
最近は特定の器具を用いて刺激するのも癖になっており、けっこう達するのが早かったりします。
ネットでもこうしたやり方に独自のアレンジを加えている人が多くて、自分らしいスタイルの追求には余念がないようです。
一定の刺激を性感帯に与えるだけで射精なしの絶頂を迎えることができたら、マスターと呼んでもいいでしょう。
私はまだまだその域には達していませんが、けっこう多くの場所で快感は得られるようになりました。
ここ最近はまっているのが首の後ろで、妻にその部分を舐められるとかなり短時間で絶頂を迎えます。
割と年齢的にはセックスがだるくなるはずですが、ドライオーガズムを知ってからは全然だるくなりません。
むしろセックスそのものが楽しくなり、自分で思っているよりはるかに多くの方法が試したくなりました。
同年齢の友人と比べてもその興味の大きさには差があり、やはり真の意味での快楽を知っているからでしょう。
私の場合は妻との連携プレーで開眼することができましたが、一人でもアナルの快感にはまる男性はいるようです。
オナニーでもこの快感は手軽に得ることができますので、興味のある人は試してみるべきでしょう。
どんなやり方で快感を得るかはその人次第であり、私たちにとってその追求はライフワークといっても過言ではありません。
むしろ、深めれば深めるほどに味が出てくる物なのです。