繰り返す度に高まっていくドライオーガズム

男性女性問わず一度はオーガズムという言葉を耳にしたことがあると思います。
このオーガズムとは性的な興奮の絶頂のこと、いわゆる性行為でいうイクことです。
女性であれば膣や下半身の痙攣を伴い、また強烈なオーガズムの場合ですと吠えるように大声を出しながら全身をガクガクと震わせ痙攣し、硬直してしまう場合もあります。
それに対しまして男性の場合は射精がそれにあたります。
その男性の射精を伴うオーガズムに対し、射精を伴わずに快感を得ることをドライオーガズムと言います。
基本的に女性に射精はないので女性のオーガズムを指す場合にこの言葉を用いることはありません。
ドライオーガズムとは男性のみに使われる言葉です。
男性は一度射精してしまうとそれで満足感を得てしまいますが、女性の場合は何度でも繰り返しオーガズムに達することができます。
そしてよく、女性の場合は男性の射精時の快感の何倍、何十倍もの快感を得ることが出来ると言われています。
オーガズムに達すれば達するほどその快感は高まり、その最高潮に達したときに全身の痙攣、硬直などが起こります。
一度の射精で満足しきってしまう男性からしてみると、なんとも羨ましくさえ思える女性のオーガズムですが、この女性のオーガニズムに近い快感といわれるのがドライオーガズムです。
女性のオーガズムと同じく、射精を伴わないため何度でも快感を得ることが出来、同じく繰り返し絶頂に達することで快感も強く大きなものへとなっていきます。
それでは男性はどのようにすればこの快感を得られるのかといいますと、方法は幾つかあるのですが、もっとも一般的なものとしてあるのが前立腺の刺激です。
この方法はヘルスなどの風俗でもしてもらえる方法で、この快感を一度得てしまうともうそれだけで虜になってしまいます。
射精という終わりがなく、射精時の快感よりも強い快感を得られるために一度知ってしまうと癖になり、お金を持っている人であれば風俗に通い詰め、またそのお金がない人は自慰行為のように指を使い自分で前立腺を刺激しその快感を得ている人もいます。
またパートナーがいる人であれば、性行為とは別にパートナーにしてもらっているという方もいます。
前立腺の刺激は、前立腺の場所を見極めるのに初めは時間がかかり上手く行かない場合もあるので、それ専門の色々な器具も販売されていて、初めての方はそちらを使うと比較的上手く快感を得られます。
ドライオーガズムに達したことのある男性の方々の感想によると、前立腺の刺激による快感はどのようなものかといいますと、背中、または体全体にぞくぞくとしたなんとも耐えがたいもので自然と声が出てしまい、最後には意識が遠のくのではと思うほどの気持ちよさにもう何が何だかわからない状態になるのだそうです。
男性ならばこのような快感を人生において一度は感じてみたいのではないかと思います。
まずはなんといっても風俗でその道のプロの手によりその言葉にならない快感を得ることをおすすめします。