ドライオーガズムをよく理解していると

知識として知り、理解していると体が覚える快感の意味もはっきりわかります。
昔からアナルセックスは病み付きになるといわれていましたが、男性が快感を得る部分は今の研究によると前立腺の直接刺激などによるドライオーガズムが理由であるとはっきりしました。
これは、射精を伴わずに全身を震わせるような快楽が突き抜ける物でして、そのすごさたるや、思わず「おおっ」とか声が漏れちゃうくらいです。
実は私もこれを体感したことがありまして、風俗嬢に戯れにアナルを刺激してもらったことがありました。
その時たまたま彼女が上手かったのか、的確に前立腺を刺激してくれたので、いつもと違う感覚で絶頂を迎えることになったわけです。
この時は全身痙攣で、しばらく動くこともままなりませんでした。
一定時間放心状態になるくらい気持ちがいいのは、女性が受ける快楽とまったく同じです。
昔からアナルの快楽を感じてきた男性は、知らずにドライオーガズムに達していたことになります。
それは、今の世の中にあってかなり有益なことです。
何しろ、射精を伴わないわけですから、セックスにおいて男性のみが一方的に消耗することがなく、持続力が飛躍的に高まります。
また、何度もイクことができるので、セックスそのものが楽しくなります。
このシステムをよく理解していると、なんとなくいい気分で絶頂を迎えられ、その瞬間がコントロールできるようになるわけです。
私は最近、サオの根元を舐められるだけで達するようになりました。
性感帯が増えていくのも特徴的でして、体自体が開発されていくことがわかります。
自分一人でオナニーする場合でもドライオーガズムだと消耗が少なく、ある意味経済的です。
イメージ的には射精が男性の絶頂ではポピュラーな感じですが、このやり方だと精液は出ませんので、むしろ顔の表情やその他体の反応が顕著になることが大きいでしょう。
全身がびくんびくんと波打つような感じになり、恍惚とした表情になりますので、女性が絶頂を迎えるのにそっくりです。
私自身、イク時にどんな顔になっているかを想像すると、かなりにやけ顔になります。
自分なりに達し方を考えるのも最近は楽しくなっているのです。
現段階ではアナルに指や器具を入れ、前立腺を直に刺激するのが一番感じるような気がします。
しかし、前述のようにサオや玉袋への刺激でも簡単にドライオーガズムに達することができるようになったので、性感帯はどんどん開発されていく物なのでしょう。
私はけっこういい年になったのですけど、まさかこの年齢でアナルの快楽に目覚めるとは思いませんでした。
良い気持ちになれて体力の消耗も少ないこの方法は、私のような人間にはぴったりかもしれません。
女性とのセックスでもそれを意識してみると、相手に対しての思いやりの気持ちが生まれ、ぜひともイカせてあげたいと舌や手に力がこもってくるのがわかります。
こういう気持ちはセックスの際にかなり大事です。