柔軟な思考で取り入れるドライオーガズム

射精した後ぐったりとしてなかなか復活できなかったことがありませんか。
年齢を重ねてくると、セックスそのものが苦痛になってくるとも聞いており、体力面で不安が出てきます。
これは、男性だけが射精によって消耗するからです。
女性は絶頂によって体力を消耗することがほとんどなく、文字通り何度でもイクことができます。
男性と女性では体のつくりが基本的に違いますから、絶頂の自然な迎え方も違うわけです。
ただ、このドライオーガズムを体感することはそんなに難しいことではありません。
アダルトサイトなどを見ると、アナルに指を入れて前立腺を刺激してやる方法がよく出ていますが、その通りにしてやるとえもいわれぬ快感が全身を襲います。
アナルの快感は一度覚えたらもう離れられません。
昔から男性同時のアブノーマルな関係でアナルセックスが主体になっていましたが、それはこの前立腺刺激によるドライオーガズムを感じることが理由だったのです。
そういう観点で考えてみれば、単純にアナルの快感というより、男性も女性のように快楽を感じられる機能がついていたと解釈することができます。
前立腺刺激による快楽は射精を伴わず、身もだえするような感じで体を震わせ、「ひいいっ」とか声を上げて悶絶するパターンが大半です。
これは女性がアダルトビデオで失神するのと同じで、全身を快感が走りぬけ、それが持続していることになります。
柔軟な思考でドライオーガズムを生活の中に取り入れるのは、実は意外に難しくありません。
私の場合はアナルに指を入れるオナニーの形から始めましたが、ここの所入り口を触るだけで感じるようになり、トイレに行くたびに軽く絶頂を感じています。
性感帯をどんどん開発していけば、いずれは全身でこの快感を味わうことができるかもしれず、その点では期待大です。
今は妻と二人でセックスの時にどういう部位が感じるかを比べあい、男女の違いをはっきりと認識しています。
妻に玉やサオの根元を舐めてもらうだけで、ここ最近は射精せずに果てることが多くなったので、そういう点でも私の体は開発されてきたのだと実感しました。
もちろんセックスそのものも濃厚になっているので、全体的にプレイしている時間は長いです。
ドライオーガズムで重要なのは、前立腺刺激のタイミングであり、あまり強く刺激しても快感が得られない場合があります。
ネットの関連サイトなどで専用の器具を使った方法を学んだり、テクニックを研究していくことで最終的には快感を味わうツボをマスターすることができるのです。
人それぞれに性感帯は異なっており、それをきちんと認識していくことで、さらなる高みを目指すこともできます。
実際にどれくらいの人がこの快感を得ているかは知りませんが、確実に射精による快感よりも強く、消耗しないエコな快感を得ることができるのです。
その素晴らしさは折り紙つきで、私は妻とセックスする際は互いに絶頂を同時に迎えられるように努めています。