総合的に見て優秀なドライオーガズム

ペニスの出し入れだけがセックスで、射精の瞬間だけが男性の快感だと思っていた私は、自分がいかに浅はかだったかを思い知りました。
それは、噂に聞いていたドライオーガズムを自分自身が味わい、失神してしまったからです。
風俗のお店でなじみの女の子に話を聞き、私も女性のような快感が得られるというので、アナルに指を入れてもらったのがきっかけでした。
この時私は最初はそんなに彼女を信用しておらず、多少気持ちがいいだけだろうと思っていたのです。
しかし、私の想像以上に衝撃は大きく、指を入れていた彼女がびっくりするほど全身が痙攣し、「ほっほう」とかわけのわからないほえ方をして私が放心状態になってしまったため、彼女は残りの時間を私の介抱に使うはめになりました。
この時感じたのがドライオーガズムだと後で知り、彼女とはその後もよくお店でサービスしてもらっています。
昔から男性がアナルの快楽を感じると病みつきになると聞きましたが、確かにこれは意外な大発見でした。
もちろん私は同性愛者ではないので、男性同士のアブノーマルな関係はありません。
しかし、女性とセックスしている時に69の体勢になると、必ずアナルに指を入れて刺激してもらうようになりました。
前立腺を的確に刺激してもらうと、体が素直に反応し、絶頂を迎えます。
その時不思議なのは、感じているのに射精しない点です。
射精しないので私自身が体力を消耗することもなく、次の快楽を受け入れる準備がすぐにできて、大変便利です。
総合的に見てドライオーガズムが優秀なのは、射精による消耗がほぼない点と、快楽が長時間持続する点です。
女性はこの快感を最初から受けられるようになっており、AVなどを見てもわかるとおり、派手なイキ方をしています。
それは決して演技ではなく、素のままであれだけ体をのけぞらせるほどの快感を受けることが可能です。
男性が同じ快感を得るためには自分であれこれと考え、器具を使ったり性感帯を開発する必要がありますが、慣れればちょっとした刺激でイクことが可能になります。
ペニスや玉袋はやはり性感帯になりやすいようで、アダルトサイトでもそうした部分への刺激が一番効くと話題になっていました。
現時点で多くの若い人たちがドライオーガズムの快感を味わっており、男性も女性も等しく同じ感覚を味わい、絶頂を迎えています。
関連する情報サイトなどでは、いかにすれば効率的にこの快感を得ることができるかを研究し、前立腺刺激マッサージ講座なる物も存在するようです。
もちろん、私もこの刺激を何度も味わいたくて、情報をいろいろと仕入れてみました。
オナニーする場合にこうした知識があるのとないのではえらく違いがありますので、イキやすい場所を自分で探すのに役立ちます。
セックスにおいても風俗嬢と何度もプレイしているうちにこの方法での果て方のほうが長続きすると気づき、お互いが一番気持ちよくなれる方法でイこうと話した上で、プレイを楽しんでいるのです。