ドライオーガズムを感じるために工夫すること

気の持ちようでどうにでもなるのが人間の性衝動です。
快感を得るためにセックスをするのはよく聞く話ですが、これは男性の場合と女性の場合で大きな違いがあります。
男性は射精して精液を放出してしまえばそこでセックスの行動はストップし、それから先はありません。
対して女性は、絶頂を迎えるとそらがしばらく持続し、再び次の快感を得る準備ができています。
つまり、女性のほうが持続力に優れ、体力的な消耗がほとんどないのです。
男性も実はそれを味わうことができ、それが今話題のドライオーガズムの状態になります。
これは普通の射精を伴うオナニーでは体感できない不思議な感覚といえるでしょう。
古来より男性は自然にドライオーガズムを感じてきたとの話が文献などに書かれています。
男性同士の衆道と呼ばれる性行為の中でアナルセックスがありますが、これは男性が射精を伴わずに快感を得てきた証拠でもあります。
もちろんそれは明確にこれがそうだと分けられてきた物でもないですが、アナルの快感が病みつきになる点といい、長く続く点など、射精を伴わないで絶頂を迎えるやり方にマッチしているのです。
誰もがこの快感を得ることができるわけではありませんが、アナルに指などを入れ、前立腺を刺激してやることからすべてが始まります。
ネットのアダルトサイトでは、この時の刺激の仕方もたくさんあり、どういう方法でマッサージするかによってイクまでの時間が変わるようです。
達するとすぐにそれとわかるのがドライオーガズムです。
普通の射精は精液が尿道から勢いよく出てくるので一目瞭然ですが、射精を伴わない絶頂の場合は体全体がびくびくと痙攣し、放心状態になって、場合によっては失神すると聞きました。
どういう形でこの快感を得るかは人によってタイミングも異なりますが、私の場合はこれからさらにつきつめてみたいと思うに十分な経験だったのです。
アナルセックスの経験はないので、妻に指を入れてもらい、前立腺を刺激してもらったのが最初でしたが、その後工夫をして自分でも器具を買い、快感が得られやすくなりました。
セックスの時でもアナル刺激を加えることで、いつもの感覚が倍になるような気がしています。
こうした性生活の充実もあって、ここ最近は妻とのセックスが楽しみの一つになっているのです。
自分の意思をコントロールし、自在にドライオーガズムを得るためには、最初の段階でイメージトレーニングをすることが大事です。
もちろんこれは精神的な物ですから、肉体的な刺激に伴い、モチベーションを上げていくことが必要になります。
それは、多くの人がアナルの快感と呼んでいる物と類似しており、前立腺を直接刺激できるようなマッサージ方法でもあります。
ネットでもそのやり方をきちんと一から説明しているサイトがあって、親切に方法を教えてくれるのです。
私もそこを参考にして、自分の性感帯をもっと開発し、よりイキやすい体を作ることに全力を注いでいきたいと思っています。