ドライオーガズムで体全身気持ちよくなる

エッチをするときに普通のSEXでも気持ちはいいものですが、
中には興奮してもなんらかの異常があると、射精できない人もいるようです。
なので、自分で1人エッチをしていても射精しない場合もあるので、
そういったときには別の方法で1人エッチもできます。
お尻にも穴がありますよね。
その中にも刺激をすると気持ち良くなる部分があります。
そこを刺激してあげると、男性でも女性のように射精を伴わない気持ちの良さを体感することができます。
気持ちよくなることは好きな方がほとんどだと思うので、興味のある方も多いのではないでしょうか?
でも、お尻の穴なんて普段は指を入れることないですし、
熱があまりにも上がって下げるときに座薬を入れるくらいですよね。
なんとなく怖いとも感じてしまいます。
やり方としては、ゆっくりとお尻の穴に指を入れてまずはマッサージするように触ります。
はじめは緊張感もあり、お尻の穴も固いため気持ちようない方がほとんどです。
ある程度の時間緊張感もなくし、人差し指を折り曲げて当たるところに感じるスポットがあるのでそこをマッサージします。
するとだんだんに慣れてくると、そのスポットの前立腺をマッサージすることで気持ちよくなってきます。
普通のエッチでもそうですが、すぐに気持ちよくなってしまうよりも、
少しじらしながら刺激をした方が強く気持ち良くなれますよね。
それと同じで、どこだろうと緊張感を持っている間はアナルもそこまで感じないのですが、
だんだんにここらへんがスポットだというのがわかってくると、感じるようになってきます。
いつも射精する方でももちろんできます。
射精をして気持ち良くなるよりも、女性がイクときみたいに体全身で気持ちよくなることができるのでオススメです。
女性でもイクということを知らない人も多いようですが、
これを体験してしまうと体全身で気持ちよくなってしまうのでクセになってしまいます。
男性も方もきっと射精での快楽しか体験していない方も多いと思うので、
体全身で少し長く快楽を味わうとはどんな感じなのかやってみてほしいです。
もし、自分の指でするのに抵抗を感じる方は、専用のディルトという器具を使ってする方法もあります。
指よりもさらに気持ちのいいスポットに当たると気持ちよくなれます。
実はこのドライオーガズムにハマっている人は使っていたりもするので、
気になっている方は使ってみてくださいね。
最初はいまいちどこが気持ちいいのかわからない人もいるようです。
しかし、何回か長い時間リラックスをしながらやっていると、
その場所がわかります。
少し恥ずかしいのですが、私も最初はどこにあるのかわからなくて変な感じしかしなかったのですが、
どこが気持ちいいのか見つけてからはハマっています。
気持ち良さを体感したのならば病み付きにもなりますよ。
男性は特に射精を伴うエッチは1回射精すると、復活するのに時間もかかると思いますが、
このドライオーガズムはそういったのは関係なく何回でもできるので、
たくさん気持ちよくなりたいときにもオススメです。