何回でも味わいたい快感だった

いやらしい本を見ていた時に、広告にドライオーガズムが気持ち良いという事が載っていました。
そして見ているとアナルの中の前立腺部分を刺激すると載っていて、少し戸惑いも感じてしまいました。
アナルといえば、男の人同士で楽しい時間を過ごす時に行うプレイだったり、Mな男性がSな女性に責められながらするようなプレイのように感じていたのです。
正直まだ自分では体験をした事がなかったので、「本当にアナルで気持ち良くなる事ができるのか?」と思ってしまいました。
しかし射精なんかには比べ物にならないというような事も書かれていて、自分はそこまでMではないけれども気持ち良いのであれば体験してみたいとも思いました。
その広告にはお店についても載っていてホテルや家まで女の子が来てくれる事も分かったので、お気に入りのホテルで待ち合わせをし体験したいとも思ったのです。
僕の住んでいる地域から一番近いお店に電話をして、お気に入りのホテルまで来てもらうように頼みました。
ホテルも同時に予約をし、僕もすぐに支度をして向かったのです。
女の子の到着予定の時刻を聞いていたのですが、それよりも少し前にしっかりと到着をしてくれて、見た目もかわいくてスタイルの良い女の子が来てくれました。
それだけでも気分が良くなっていてたのですが、その後に丁寧なマッサージを行いながら性感部分を刺激してくれたのです。
女の子をチラッと見るといやらしい目つきで、徐々に責めるようにいやらしい言葉で僕を感じさせてくれました。
正直普段Mだという自覚がなかったのですが、こんな風に女の子に見られて責められるのが気持ち良いとも思ってしまったのです。
体を密着させながらマッサージも行い、手足を縛ってペニスを舐めて責めてもくれました。
他の風俗店でもペニスを責められる事は普通にあるのですが、この手足を縛られるという行為を入れるだけで、いつもと違う雰囲気になり興奮からか我慢汁が止まらなくなりました。
もう我慢する事はできず射精もし、いつも倍以上飛ばしてしまったのです。
そして今度は楽しみにしていたドライオーガズムのプレイが始まり、女の子は僕が初めてだという事を伝えると、まずは1本の指を入れて刺激してくれました。
1本だけではあまり違和感もなかったので、ゆっくりと2本入れてもらってさらに揉みほぐしを行ってもらいました。
そしてゆっくりとエネマグラを前立腺部分に向けて入れてくれて、さらに刺激を続けたのです。
この時にも女の子はペニスを焦らしたり、乳首舐めをして責めてくれました。
どのくらいか分からないのですが、感覚では30分くらい経った頃に快感の度合いが大きくなっていきました。
そして体全身が動き喘ぎ声を漏らしながら、過去経験した事のない史上初な快感を感じながら気持ち良くなったのです。
頭から足のつま先まで気持ち良くなるような快感で、射精の時とはまったく違う快感でした。
また今すぐにでもあの快感を味わいたいと思っています。