ドライオーガズムで女性の快感を知った

ドライオーガズムを体験すると、女性になった気分を味わえると友人から聞きました。
風俗好きな友人はあらゆるプレイを体験していますが、そのなかでもダントツで気持ちいいのが前立腺マッサージからのドライオーガズムだそうです。
意識を失うほど気持ちいいらしく、オーガズムを迎えた女性が失神する気持ちがわかると言っていました。
通常のプレイだと、射精すれば一気に性欲はなくなりますが、前立腺マッサージは射精しないので、ずっと快感が続くそうです。
僕自身も風俗は好きなほうなので、友人の話を聞いていたら前立腺マッサージを体験したくなりました。
さっそく風俗情報サイトで調べて、前立腺マッサージを受けられる店を探したのです。
僕の家は繁華街の付近にあるので、風俗店がたくさんあります。
だけど、前立腺マッサージがある店は数店しかありません。
マニアック向けなプレイなので、知名度が低いのでしょうか。
前立腺マッサージを基本コースとしている風俗は、ハンドプレイに力を入れているようですね。
手技にこだわりがある風俗は期待できると思い、手技メインの風俗を探してみました。
料金は通常の風俗よりも2割ほど高いので、安くなる時間帯に行くことにしました。
夕方から夜にかけては仕事帰りの客が多いので、料金が高くなってしまいます。
そこで、客の出入りの少ない時間帯である午前中に行くことにしたのです。
さらに特別割引チケットも使用したので、通常のヘルス並みの料金まで安くなりました。
店内の様子は、他の風俗と大きく変わりありませんが、プレイ内容がマニアックです。
ここでは、基本コースに前立腺マッサージが含まれているので、オプションとして追加する必要がありません。
はじめての来店なので、とりあえず基本コースを選ぶことにしました。
客は僕以外にはいなかったので、コースを伝えた直後に嬢からのお呼びがかかり、個室へと案内されたのです。
プレイの前にシャワーを浴びるのはヘルスと同様で、特にアナルを綺麗にします。
その後、いよいよプレイが始まりますが、とにかくローションをたっぷりと使用するのが印象的でした。
口や素股などのプレイはなく、すべて手技のみとなります。
ローションを下半身に塗ってから、アナルをやさしくマッサージしてくれます。
この時点では指を入れることなく、アロママッサージのような感じです。
それが終わると、四つん這いの体勢にさせられて、いよいよ前立腺マッサージがはじまります。
アナルに指を出し入れして、周りの筋肉をほぐしつつ、前立腺を指で軽く刺激してくれるのです。
1回目の来店では、ドライオーガズムを知ることはできませんでしたが、その後も何度か来店するうちに開発されていきました。
毎週土曜日にマッサージを受けるようにして、3ヶ月くらいで開発されました。
それまでは前立腺が性感帯とは思えなかったのですが、快感は突発的にやってきます。
そのときの快感は本当に頭が真っ白になるくらいです。
僕の感覚としては、射精の30倍は気持ちいいと思います。