ものすごい快感に襲われたドライオーガズム

実は、私自身ドライオーガズムの存在は結構知っていました。
ただどうしても自分ではチャレンジする事ができず、興味はあるけれど試す事ができていないという状態でした。
さすがにアナルに突っ込むという事を考えると、自分のパートナーにも相談できません。
きっとすごい事になるのだろうとは想像していましたが、結局そのまま試すことなく時間は過ぎて行きました。
そんなある時、ネットで自分でも試す事ができる器具を販売している事を知りました。
誰かにアナルを見られることもないし、パートナーにお願いする必要もありません。
本当に自分だけでも出来るのかと少し心配にもなりましたが、きっと説明通りにチャレンジしてみれば何とかなるだろう、そう思った私はとりあえずネットで器具を注文しました。
実際に商品が届いた時はもうワクワクした状態で、いつ試そうか考えていました。
本当は当日試したい、でも今日は仕事だから今度の休みの方が良いのではないか、でもせっかく届いたのだから今日試したい、今考えるとなぜあそこまで悩んだのだろうと思ってしまう程です。
結局器具を見続けていたところ、その日に試したいという気持ちが高まったので、その日の夜、試してみる事にしました。
まずはネットを見てお勧めの方法を調べました。
とはいっても、さすがに初心者なのにアレンジしたテクニック等を発揮する事はできません。
基本的にはどうすべきかを調べ、その通りに始める事にしました。
ただ実は自分自身で最初に始めようとした時は、緊張していた為にすぐにはうまくできませんでした。
上手にアナルの中に入らなくて少し焦ってしまいました。
とはいっても、内壁に傷をつけては困るので出来るだけ丁寧に行う事を心掛け、少しずつ中に入れて行きました。
始めてドライオーガズムにチャレンジした時は、実はそこまでで終わってしまった私です。
もう少し続けたいと思ったのですが、今までとは違う感じがして耐える事ができませんでした。
そしてそれから何度かチャレンジし始めて、次第にアナルに入れる時もスムーズに行えるようになりました。
少しずつレベルアップして行ったという感じでしょうか。
それ以来、私はドライオーガズムのとりこです。
ただ実際にすごい快感が押し寄せてくるので、普段の性行為では声すら出ない私ですが、この時は少し声が漏れてしまいます。
しかしこの趣味をまだパートナーに話すことは出来ていません。
もう少ししたら話せるかな、とも思っていますが、今はまだ私だけの秘密にしておくつもりです。
そういえば、初めてドライオーガズムを体験した時は、自分ひとりで行いましたが少しあの姿勢が恥ずかしかったのを覚えています。
その姿勢自体は慣れて行けば、それほど気になる物ではありません。
未だ今は自分だけでしかチャレンジをしていませんが、器具ではなくプロにお願いしたらどれくらいの快感が待っているのか、私としては凄く興味があります。
近々ドライオーガズムを体験できる風俗に行って、どれほど物なのかチャレンジしてくるつもりです。