ドライオーガズムが得られるスポットの探し方

人体の神秘は、自分の体のことであってもわからない物です。
特に今はかなり広範囲にわたって知識を得ることができ、体のどこにどういう機能が眠っているかもすぐわかります。
セックスの快感は女性は膣内の刺激、男性はペニスにおける刺激が主体だといわれてきました。
最近ここに射精を伴わないで絶頂を迎えるドライオーガズムの概念が加わり、男性だけが感じられる、男性版Gスポットとも言うべき部分ができたのです。
スポットの探し方はいたって単純で、アナルから指を入れ、前立腺の場所を探ります。
前立腺を直接指だけで刺激するのは一人ではかなり無理がありますので、パートナーにやってもらうか、器具を使いましょう。
アナルの快楽は病的なまでにはまるらしいですが、確かにそれは非常に大きな快感があり、射精せずに達することができる絶頂を感じられるのは大きいです。
最初から誰もが前立腺をうまく刺激できたわけではありません。
古来より男性はアナルの開発には熱心で、男性同士のアナルセックスにおいて、どういう刺激を与えれば一番快感が得られるかを研究してきたのです。
アダルトサイトなどでは前立腺刺激のコツがのっている所もあり、そうした所を参考にすれば、どういう方法で刺激したらいいかすぐにわかるでしょう。
私もこうしたサイトを参考にし、妻と一緒になってドライオーガズムの勉強をしました。
それをセックスに応用してみると、セックスの時間が非常に楽しくなったのです。
女性をイカせるとびくんびくんと体を震わせ、大きな声を出してイったことをアピールしてくれます。
男性が射精を伴わない絶頂を迎えた場合も全身が大きく痙攣し、「はおうっ」などと声にならない声が出て、快感が全身を貫くのです。
妻に手伝ってもらって前立腺を刺激してもらった私が味わったのがこの感覚でした。
この時は一瞬何が起こったのかわからず、自分が自分でなくなったかのような不思議な気持ちになった物です。
何かの拍子にアナルの快感に目覚めた男性が、根拠は知らずともドライオーガズムを理解し、体感していたと考えるのは自然です。
これにより、男性は射精では得ることのできない絶大な快感を簡単に得ることができます。
加えて体力の消耗もなく、持続して快感を得ることができるので、病み付きになる人が増えるのも無理からぬことです。
今は性感エステなどもたくさんあって、風俗でも手軽に射精せずに達することができるようになりました。
この手のお店の風俗嬢はお店からきちんと指導されており、お客さんをドライオーガズムに導くテクニックも有しています。
彼女たちがスポットを探す場合は指でそれをさぐるわけですが、友人の話によるとその手つきはプロそのもので、実に鮮やかにスポットを見つけ出し、ピンポイントで刺激してくれるそうです。
妻とのセックスで互いの性感帯を開発することに余念がない私には風俗にいく余裕はありませんが、友人の話も大いに参考にしようと思っています。