ドライオーガズムの影響といえば

暮らしの中でセックスや性に関わる部分が著しく変化していくと、それにつれてすべての物が影響を受けます。
私も男性が普通感じることのないドライオーガズムを体験と練習によって感じるようになり、実に充実した時を過ごせるようになりました。
それは性感エステに行くようになり、風俗嬢から直々に性感マッサージをしてもらって、前立腺刺激の快感が得られるようになったからです。
男同士のアナルセックスにおいては、基本的にお尻にペニスを挿入するのが基本になります。
その際に前立腺が自然に刺激され、射精を伴わずに達することが可能になるわけです。
この時の快感は射精の比ではなく、むしろすさまじいまでに大きくなります。
AVで男優と女優が絡み、女優が絶頂に達する瞬間があります。
その時女優は大きな声をあげ、「イク、イク」と連呼して果てるのが普通です。
この時女優は絶頂を膣内で感じており、快感はしばらくの間持続します。
男性が感じるドライオーガズムはそれに酷似しており、挿入される快感とでもいう物を体感しているのです。
私もアナルに指を入れられた時は最初不思議な違和感がありました。
しかし、風俗嬢のテクニックがすごかったのか、私自身が感じやすい体質だったのか知りませんが、だんだんと気持ちよくなってきて、やがては下半身全部を覆う絶頂感により、放心状態になったのです。
この時の気分のよさは射精の比ではありませんでした。
また、体力の消耗もほとんどなかったので、射精による一瞬の快感よりはるかにお得な印象があったのです。
アナルから器具あるいは指などを挿入し、前立腺を直接刺激することは、今では割とポピュラーなオナニー法になったと聞きました。
一人でやる場合は指では困難なので、棒状の器具を使い、前立腺を一定の強さで刺激することで快感を得るのが普通です。
普段から慣れていると、体中の部位が性感帯化してきて、自分が一番感じやすい部分もはっきりわかります。
私はわきの下を舐められるのがポイントだと初めて知り、以来風俗ではそこを重点的にせめてもらうのが通例です。
ドライオーガズムは射精の数倍の快感が得られて、しかもそれが持続します。
私はそれが感じたくて、オナニーだけでは飽き足らず、性感エステにも足しげく通っているのです。
年齢に関係なく快感を得ることが可能なのは、ドライオーガズムの一番良い所です。
体に思ったより負担をかけないので、絶頂を迎えた後の消耗感も喪失感もほぼありません。
快感が強すぎて「おおおっ」と声が漏れてしまったり、絶頂にしびれて数分は体がまともに動かないのは私も体感済みです。
この感覚はやはり味わった人でないとわからないので、ぜひ一度味わってみるのをお勧めします。
今は値段の安い性感エステもたくさんありますから、自分の経済力を考えて、こうした風俗店に通うのもいいでしょう。
人の体にはまだまだ神秘的な部分があり、それらを開発することは人生を豊かにするのと同じ意味を持ちます。